【感想】漫画「信長協奏曲」

信長協奏曲 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス) 信長協奏曲 5 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

最近だだハマりしてるわけですが。
2011年8月現在、5巻まで刊行されています。

簡単にいうと、歴史が苦手な高校生サブローが戦国時代にタイムスリップしてしまい、顔がそっくりな織田信長と入れ換わる話です。
サブローは「信長は天下を取った人物」と誤解しており、「歴史を変えちゃまずいよな」と考え、信長として天下統一の道のりを突き進んでいきます。
※サブローが入れ換わっていることは信長本人とそのお伴しか知りません。

サブローはゆる軽い性格ながら、決断力は優れており、突飛な発想で周囲を混乱・困惑させながらも、功績を上げていきます。しだいに「ちょっと変わってるけど気さくでいいお殿様」として受け入れられ、忠誠篤い臣下を得、領民にも親しまれます。

タイトルの「協奏曲」に関しては、3巻ラストで驚愕の登場人物とともに明らかになります。
#この設定すげーびっくりした…。

  • サブローの飄々とした感じがいい
  • 無表情になることが多く、どう感じているのか分かりづらいところもいい
  • だから稀に見せる哀愁がたまらない
  • 2巻ラストの桶狭間の戦いに向けて出陣するシーンがカッコ良過ぎる
  • 前田利家はじめ臣下のサブロー好きっぷりが可愛い
  • 信長本人がサブローのことを愛おしそうな目で見るので、兄弟のようにも見えてなんだか和む
  • 竹中半兵衛の頼りになりそうなオーラが半端ない
  • 秀吉の腹黒さと顔を見てると織田軍から追い出したくなる
  • サブローと帰蝶が仲良し夫婦でなによりである。末長くばくはつしろ
  • 6巻はまだですか…(2012年初頭発売予定)

ストーリー展開に意外性はありますが、とんとん拍子で調子よく進んでいくのが苦手な方にはおすすめしづらいかも。

絵柄も好き嫌いが分かれるところだと思いますが、絵柄で食わず嫌いするのはもったいない、と…なぜなら私も初めはそれでスルーしていたので…読んでみると話が面白いし、話数を重ねた2巻あたりからサブローもカッコ良い顔を見せるようになります。

興味をお持ちでしたら、とりあえず2巻の桶狭間の戦いまで読んでみてはどうでしょうか、って感じでしょうか。

関連リンク

【感想】漫画「ヘタッピマンガ研究所R」

ヘタッピマンガ研究所R (ジャンプコミックス)

読んでみました。面白かったです。
# Amazonでは在庫切れになってるようですが、近所の本屋にはふつうにありました。

パースなどの作画面は、よくある講座本みたいになるのは仕方ないというか、そういうものだと思います。ただ、「こうやってました」「こう描いてます」という作者さん(描き手の村田先生だけでなくゲストの方も)の話がけっこう出てくるので、そういうところが楽しめました。
個人的には松井先生の「構図にこだわるのなんて キャラに心血を注ぎきってからでイイのですよ…………!」が印象的でした。(※松井先生の作品は構図にもこだわっていると村田先生の補足がついております)

あと、村田先生の「若い子がべらぼうに上手い、10代でそんな(上手い)絵描いちゃダメー!」(意訳)という話には共感せずにはいられなかったw
いやほんと、絵が上手いだけじゃなくて話が上手い人も多いですよね…ネットによって、表現する場がどーんと増えたからでしょうか。見る側としても数が増えたので良作とめぐり合う機会も増えたというか。

話作りは冨樫先生のところなど面白かったです。こういう話は参考にするというよりも、この作者さんはこんなこだわりを持って作品を作ってるんだなあという興味を満足させてくれる部分が大きいですね。

本の締めとして村田先生が 人それぞれ・自分なり を強調するのも頷けます。
経験談や練習談はあくまでその人にはそれが向いていたという話なので、自分にもあてはまるわけではないですし、ね。

漫画を描くうえでの参考になるだけではなく、読み物として楽しめる本だと思いました。

最近のハマりごと

MHP3

モンスターハンターポータブル 3rd

  • 初モンハン
  • よく分からないまま狩りへ→支給品もらわずに突撃
  • ぼっちプレイにオトモがあったかいなり
  • 村クエストから進めるも、オトモに「HRの低い旦那さんw」と煽られ(語弊)、集会所クエストも始める
  • そんなこんなで集会所☆1クリア、☆2~3やりつつ、HRは2
  • 村クエスト☆1~3クリア ☆4やりつつ、「月下雷鳴」で返り討ちにあったところで止まってる
  • それにしても終わりが見えない。せめて村くらいは終わらせたいのだけど。

足のない獅子・黄金の拍車

足のない獅子 (講談社X文庫―ホワイトハート) 黄金の拍車 (講談社X文庫―White heart)

  • 作:駒崎優 挿絵担当:岩崎美奈子
  • 舞台は中世英国。冒険活劇とも書かれているけど、ミステリー風味のラノベ。犯人捕まえるまでの過程で、場合によっては剣振り回したり弓矢を放ったりする感じ。
  • 主人公は二人組。金茶髪の美少年・知力担当のリチャードと金髪の美丈夫・体力担当のギルフォード。
  • トリックなんてものはないけど、各人の思惑が入り乱れて、複雑に入り組んだ事件になっていることが多い。主人公たちと一緒に困惑することもしばしば
  • かつて従騎士編「足のない獅子」シリーズ(全9巻+短編集1巻)でギルフォードにハマる
  • 時を経て、騎士編の「黄金の拍車」シリーズ(全6巻)に手をつける
  • 体力担当だけど、馬鹿ではないギルフォードが愛しい
  • ジョナサン(野心家な司祭)に噛みつくギルフォードが可愛い
  • 噛みついてくるギルフォードをあしらうジョナサンが楽しそうでなによりだ。子犬か何かだと思ってるんじゃないか

完結が寂しくなる良作でした。

PSP版「イース -フェルガナの誓い-」

PSP版が発売されるということで、カッとなってまとめた。好きだから。

製品情報

  • タイトル:イース -フェルガナの誓い-
  • ジャンル:アクションRPG
  • 対応機種:PSP(プレイステーションポータブル)
  • CERO:B(12歳以上)

各地を旅する中、アドルとドギはとある街でドギの故郷・フェルガナ地方に関する不穏な噂を耳にすることになる。
火山活動の活性化、突如出現するようになったという魔獣の群れ、領主の圧政に苦しむ領民の嘆き…

「フェルガナで何か不吉なことが起きている―。」

異変の真相を確かめるべく、ドギと共にフェルガナ地方を目指す事にしたアドルには、ある予感があった。
何かが待ち受けているという、ほとんど威嚇的ともいえるほどの雰囲気が、フェルガナの地全体から押し寄せてきていたのだ。

イース-フェルガナの誓い-公式サイト「プロローグ」

  • 発売日:2010年4月22日(木)
  • メーカー希望小売価格:通常版 5,040円(税込)、ドラマCD同梱版 6,930円(税込)
  • 初回特典:サントラCD(イース-フェルガナの誓い- jdkスペシャル)
  • 難易度設定:Very Easy, Easy, Normal, Hard, Nightmare, 隠しでInferno
  • ボス戦タイムアタックモードあり

店舗特典

  • ファルコム公式通販:ファルコムカレンダー
  • ソフマップ‐ドラマCD同梱版:テレカ[絵柄 お揃い騎士装束のストダート兄妹]、ファルコムカレンダー
  • ソフマップ‐通常版:テレカ[絵柄 ネコ耳メイド姿エレナ]、ファルコムカレンダー
  • ゲーマーズ:テレカ[絵柄 花畑に寝転ぶエレナ]、ポストカード4枚セット
  • Amazon:X6800サントラ
  • メディアランド:テレカ[絵柄 お正月エレナ]、ポストカード4枚セット
  • キャラアニ‐ドラマCD同梱版:出演キャストコメンタリーCD
  • メッセサンオー、イマジン:ポストカード4枚セット

→ 公式による詳細情報ページ 「イース-フェルガナの誓い-」店舗特典情報

# 鬼のような特典でござる(゚д゚)

関連リンク

公式

ムービー(公式PV)

◇ニコニコ動画

◇YouTube

その他

初めての人向けっぽい イースシリーズの簡単な概要

  • ジャンル:アクションRPG
  • イース:アルファベットでは「Ys」と書く。作品に登場する古代王国の名称。アドル第一の冒険の舞台。
  • ストーリー:後世に稀代の冒険家と謳われる主人公・アドルが各地を旅し、その地での厄介事に首を突っ込んでいく物語。
  • アドルに関するネタ的情報:赤毛。自己紹介の達人。遺跡破壊の常習犯。ただし壁は壊せない。
  • 作品時系列:Ys1→Ys2→Ys4→YsF(3)→Ys5→Ys6→Ys7、外伝YsO

略称が数字ではない作品→ F=フェルガナの誓い、O=オリジン、

1、2はいわば前編・後編だが、他の作品は基本的に独立しているので、どの順番にプレイしてもOK。
ただ、Windows版の6とFについては6からやったほうがいいかもしれない。発売順が6→Fなので、進化(改良)ぶりが見られる。
ちなみにFは3(ワンダラーズ・フロム・イース)のフルリメイク作品。

最近発売された(る)作品の対応機種

  • Ys6:Windows(2003年)、PS2、PSP ※PS2, PSPはコナミによる移植
  • YsF:Windows(2005年)、PSP(2010年)
  • YsO:Windows(2006年)
  • Ys1&2クロニクルズ:PSP(2009年) ※Ys1、2は過去にも何度か移植・リメイクされている
  • Ys7:PSP(2009年)

フェルガナの誓い

旅の途中、アドルは相棒・ドギの故郷であるフェルガナで何か不吉なことが起こっているという噂を聞いた。真相を確かめるべくフェルガナを訪れたアドルとドギは、その地一帯を揺るがしかねないある陰謀に巻き込まれていく。
古代から引き摺られてきた妄執と束縛、それらを断ち切るために挑んでいく解放の物語。

# 金髪紫眼の美形兄妹がお待ちしております(゚∀゚)

◇謎の語り(Windows版をプレイしての語り)
シリアスというか硬派というか。萌える息をつく暇もないような怒涛の展開。
ストーリー全体は「黄昏」で彩られています。アドルとドギがフェルガナに到着するのも夕刻、とあるダンジョンでの決戦も美しい夕焼けを舞台に繰り広げられます。ただし、最後は…。
また、作中に登場する剣士・チェスターはファンの間(?)では「イース人型ボス最強」とも言われる鬼ボスなので、適正Lvで挑んで指にマメをつくるのもいいかもしれない。でもNormalのはそんなに強くないかも。Hardからが彼の本気。「強敵」と書いて「友」と呼びたくなるボス。
そしてラスボスはシリーズ最強の敵。戦闘BGMも「最強の敵」。
「フェルガナの誓い」はアドルの生涯で最も困難であったとされる冒険のため、難易度が高めに設定されているようです。

秋田禎信BOX届きました(詳細ネタバレならない程度の感想)

秋田禎信BOX届いたよー。

ボックス外観はメルマガで知っていたのですが、こう箱から取り出したとき「(メルマガ写真)まんまだ!」と思いました。意外性も裏切りもなく。全然違っても困りますが。

とりあえずウェブ掲載分は後回しにして、書き下ろしを読みました。よく「常人がブレーキを掛けるところでアクセルを踏む」という表現がありますが、これに関しては「常人がアクセルを掛けるところでブレーキを踏む」というのが思い浮かびました。あまり上手い例えではない気がします。うーん、アクセルはしっかり踏まれている、ブレーキの掛けどころが絶妙という感じでしょうか。いや、とにかく――、とにかく面白かったです!

秋田禎信BOX

akitabox

ついにキタ!であります。すごく楽しみにしていました。草河先生の絵で魔王が拝めるとは…! 嬉しすぎる…!

魔術士オーフェンシリーズははぐれ旅の「我が館にさまよえ虚像」から入った人間です。いやもう、口絵がすごくツボで。それまで秋田禎信氏の作品はまったく知らなかったので、とりあえず絵の気に入ったその巻を買って、話も面白かったら揃えてみようと思ったわけです。そしたら、文章の独特の雰囲気というのでしょうか、あの感じにハマってしまいました。

斜めのようで真っ直ぐなオーフェンが好きです。なんですかね、真っ直ぐなまま傾いてるんでしょうか? 倒れそうに見えて決して倒れない彼ですが。
好きなセリフもシーンもいろいろあるんですが、とりあえずひとつ――最終巻の「言えよ。今さら遠慮することか。言えば俺がなんとかする。女神だって殺してやる。それがどうしても必要なら、そうする」は暗いシーンに反してプロポーズのようで印象的でした。
このあたりの、クライマックスで激しいシーンなのにどこか抑制されているような圧迫感のある雰囲気もまた好きした。

関連リンク

モツ鍋の悲願…秋田禎信氏公式サイト

YsF:イスターシバ倒さずにエルダーム山脈行ってみた

YsF、VeryEasyは4時間くらいでクリアしました。現在はNigtmareプレイ中。チェスターとギャルバで親指痛くなりました。まあ、そのへんの話はまた今度。Nightmareが詰むかクリアしたら、VeryEasyとまとめて記事書きます。

ところで、ひとつ気になっていたことがあったのです。YsFは順当に進めていくと、採掘場→イルバーンズ遺跡→溶岩地帯→廃坑→エルダーム山脈→バレスタイン城→ジェノス島とこなしていくことになります。しかし、廃坑で二段ジャンプを習得した時点で、エルダーム山脈に登れるようになりますよね(二段ジャンプなしでも登れるらしいけど割愛)。
イスターシバを倒さずにエルダーム山脈に行ったらどうなるんだろう…気になって仕方なかったので、試してみました。

廃坑でのレベルアップを飛ばすんだから、簡単なほうがいいだろうってことでVeryEasyでプレイしました。しかし、廃坑でのセーブデータがなく、ギャルバ戦からやるはめになりました/(^o^)\

以下、ネタバレを含みますので、ご注意ください。

いざ、エルダーム山脈へ。装備がブロードソード、チェインメイル、スモールシールドでしたが、敵のSTRが低いので特に苦はなかったです。こっちのLVは低かったですが、登っていくうちにガンガン上がりました。

山脈中腹…ここは本来ならばデュラーン、リガティが登場するはず…が、出てこない!! ボス戦用広場スルー!

まさか、師匠の家に入れないなんてことは…と不安になりましたが、無施錠でした。師匠も中にいました。ただ、セリフが「冒険家だけあっていろいろな地を回っているようだな、俺も若い頃は…(概略)」になり、伝説についてはさっぱり触れてきませんでした。「ドギは出かけてるけど、そのうち戻ってくるだろう」とのこと。

とりあえず、さらに山脈を登っていきます。そして、例の断崖にドギが、いねえええ! …おそらくまだ山脈内部を調査している最中なのでしょう。――残念ながら、詰みです。ドギに会って、あのアイテムをもらわない限り、先に進めません。

まとめるとこういうわけでしょうか。

  • ベルハルトに伝説について聞くよう町長に提案されないと、アドルは質問をしない。
  • デュラーンは彫像2つしか持ってねえような相手には関心を示してくれない。
  • ドギはイスターシバ・リガティと戦ってるだけの時間がないと山脈内部の調査が終わらない。

端的に言うと「エルダーム山脈に来るなら、お土産に彫像3つ持ってきてね!」ってことですね。

しかし、ここ数日の疑問が解決されたのですっきりしました。

【感想】ゲーム:YsF Hardクリア

関連記事

最終ステータスとか

  • 難易度:Hard
  • レベル:50
  • 剣・盾・鎧:Max、Max、Max
  • アイテム:精霊の首飾り
  • プレイ時間:10時間35分45秒

クリアの要因

なんとか無事にクリアできました。Normalより早く終わったのは2度目というのもありますが、コントローラのボタン配置を変えたのも大きいと思います。
Normalをプレイしてたときは、1234ボタン(プレイステーションのコントローラでいう△□○×ボタン)のところに、攻撃、ジャンプ、リングアーツ、ブーストを割り当てていました。つまり、ジャンプしつつアーツ溜めってのが難しい位置にあったわけで、Normalのときは溜め撃ちをほとんど使ってませんでした。
その後、溜め撃ちって便利なんじゃないか?と気づいて、Hardからリングアーツを6ボタン(R1ボタン)に移動させました。はじめは慣れるまで大変でしたが、慣れると「溜め撃ちなしで何をやってたんだ、私は…」と思うほどでした。おかげでNormalで苦戦したボスが比較的楽になりました。

あとはNormalタイムアタックでガルバランと何度も対戦したおかげで、Hardガルバランもなんとか倒せた気がします。

Normalと比べて苦戦したボス・相変わらず苦戦したボス

  • エルフェール:ジャンプするとあわせて攻撃も上向くのがorz
  • ギルン:タックル避けそこなうとすぐ潜ってしまうのが辛かった。
  • イスターシバ:小さい水晶体どもの反射攻撃が痛かった。
  • ギルティアス:一撃が痛ぇ…。
  • チェスター2:鬼のように強くなってた。

基本的にはどのボスも適正Lvで倒すように頑張りました。適正Lvより上げてしまったのはエルフェールとギルンだったかと思います。(適正Lv=ボスのLvだと思ってます。違ったらすみません)

Normalクリア時の感想にもエルフェールを挙げましたが、あれはちょうどHardでエルフェールをやってた時だったからですね。なんでこんなに苦戦してるんだ…というくらい苦戦しました。

ギルンはもう本当に…レベル上げで対応しました。確か適正+2くらいで倒したような? いまだにタックル避けるのが苦手です。タイムアタックで特訓するしかないと思います。

チェスター2は突進後のバリアが辛かったです。突進にタイミングあわせてチェスターの背後に2段ジャンプするんですが、失敗するとバリアに当たってしまうという…。遺跡で「遊びはこれまでにしよう」とか言ってましたが、Normalの2戦目も遊びだったんだな…と思いました。勝ったときはちょっと感動してしまいました。

ガルバランは氷に乗ってるときでも光弾撃ってくるのが鬼畜でした。安全地帯だと信じていたのに…orz

逆にNormalより苦戦しなかったのは、ギャルバとジルデューロスです。どちらも溜め撃ちを覚えたおかげかと思います。

次回

クリア後にNewGameを見るとちゃんと「Nightmare」が表示されていて、ワクワクしてしまったので、そのうちNightmareも挑戦するかと思います。Hardでの苦戦ぶりを思うと、Nightmareで詰みそうな気がしないでもないです…。
でも、今はVeryEasyがどんなものか気になってるので、次はVeryEasyやってみようかと思ってます。

余談

Ys7のデモムービーが公開されましたね。はじめはPSP持ってなかったし、PC版が出るのを祈っていたのですが、ドギを連れて回れるかと思うと我慢できませんでした。9月の発売日を楽しみにしています。

↓公式がYouTubeとニコニコ動画にアップしたナレーション入りデモムービー。

あと、いつの間にやらイースポータルサイトなんてものも出来ていて。ドギ☆ラジや4コマ漫画がけっこう面白かったです。