タグ別アーカイブ: SNS

ピクブラとりあえずメモ

『pictBLand』 https://pictbland.net/
BL(Boys Love)に特化したイラストや漫画・小説などを投稿・閲覧するSNS。スレッド機能(BBS)やミニブログ機能などもある。公式略称は「ピクブラ」
個人的にこのSNSの大きなポイントは「外部検索エンジンに引っかからない」点だと思っている。次いで、除外タグ機能。外野を気にせず苦手なものを避けて心地よく過ごすことを考えられていると思う。

主な機能については、pictBLandのトップページ(未ログイン時)や『pictBLandについて』 https://pictbland.net/static/about にて紹介されている。

ここでは、とりあえず設定しておけば便利なのでは、あるいはこちらが助かる…と個人的に思う部分をピックアップしてメモ。

キーワードタグ

作品投稿時には作品にキーワードタグ(タグ)を付与する。
ピクブラでは外部検索エンジンに引っかからないことを前提に、検索・除外検索のしやすさを重視し、キーワードタグは≪正式名称≫を使用することが推奨されている。

とりあえず二次創作BLの場合は、

  • 原作タイトルタグ(正式名称)
  • カップリングタグ(「キャラ名×キャラ名」表記)

このへんは外せないかと思う。

二次創作で原作タイトルをタグとして付ける場合、外部検索エンジンに引っかからないピクブラでは「略称」や「(検索避けのための)特殊な表記」の利用は不要。
略称などは要するに「表記揺れ」であり、ノイズである。正式名称との併用ならまだしも、略称のみの使用の場合、除外タグ機能などの利用時に不便になる可能性がある。(例:新着一覧から苦手な作品を除外するために作品名を除外タグ設定したのに表記揺れが存在して除外しきれない)

カップリングタグは「キャラ名×キャラ名」表記にすることにより、

  • 「○○×△△」(受け攻め固定)
  • 「○○×」(○○攻め)
  • 「×△△」(△△受け)

といった検索ができるようになる。
このような検索を簡略カップリング名で実行するのは難しい…。

簡略カップリングタグはつけても問題はないのだけど、別作品のカップリングタグと被ることもあるし、キャラ名×キャラ名タグとの併用がいいだろうと思っている。
とにかく、ジャンル内輪で使用されるような単語(タグ)を知らなくても、検索したり除外したりできることがお互いに良い環境ではないかと思う。

正式名称やフルネームのタグ付けは入力が面倒だけど、一度入力して投稿すると次回からは過去に使用したタグが表示され、1クリックで選択できるようになる。ので、1回だけ手間をかければいい。

そのほか、「女体化」や「擬人化」などの属性タグも細かく付けるよう推奨されている。

関連ヘルプ 『キーワードタグとは?:pictbland.net』 https://pictbland.net/helps/detail/307

除外タグの設定

除外タグに設定した単語を含む作品はサイト内で表示されなくなる。新着一覧などで非表示になるのはもちろん、検索で毎回「-○○」を入れるといった手間も不要になる。助かる。

また、投稿作品に使用されるカップリング表記が「キャラ名×キャラ名」式になっていれば、例えば△△受け固定派は「△△×」を除外タグに指定することで△△攻め作品を事前に回避できる。助かる。

設定を編集する場所は、上部メニュー枠の右端「設定」→編集項目の中ほどに「除外タグ設定」。
ちなみに除外タグの設定には「表示する」「表示しない」というオプションがあり、「表示する」場合は該当作品のサムネイルが差し替えられる、「表示しない」場合は「-○○」検索をしたときのように一切表示されなくなる、といった違いがある。

アンテナタグの設定

アンテナタグに登録した単語を含む作品はホームの新着一覧などに表示できるようになる。
そしてありがたいことに、AND検索やマイナス検索など単語を組み合わせた状態で登録することができる。「除外タグ設定を使うほどではないが、目当てのものを収集したいときに無関係なものは除きたい」という場合は「○○ -△△」といった形でアンテナタグに登録しておけばいい。

設定の編集は、上部メニュー枠の右端「設定」→編集項目の中ほどに「アンテナタグ設定」。

ホームタブの編集

ピクブラのホーム画面のメイン部分は3つのタブで構成されている。1つ目のタブに表示される作品一覧はデフォルト設定では「新着イラスト作品」と「新着小説作品」である。タブを切り替えることで「タイムライン」「スレッド」などの新着一覧を表示することができる。

タブに表示される内容は、タブの右側にある「+マーク」や、その少し下にある「タブ設定」から編集することができる。1番上になるタブの表示内容を編集しておけば、ピクブラにアクセスしてすぐに目当ての更新物を見ることができるようになる。
好きな投稿者やジャンルを追いかけたい場合は、「フォローしているユーザーの新着イラスト」「フォローしているユーザーの新着小説」「アンテナタグに登録したイラスト」「アンテナタグに登録した小説」あたりを表示するように設定しておくとよさそう。

ちなみに「フォローしているユーザーがステキ!したイラスト/小説」といった表示項目もあるのだが、これを利用する場合に便利(かもしれない)のが、除外タグ設定。フォローしているユーザーがステキ!する作品すべてが自分が求めるものとは限らないので、そのなかに除きたいジャンルやCPなどがあれば、除外タグに登録しておくとよい。

あと、デフォルト設定ではタブはスクロールすればするほどページが下へ伸びていく仕様なのだが、タブ設定で「ページ遷移」という項目があり、これを「ページ切り替え」にすると、一定の数までしか表示されず、あとは「次へ」のリンクが表示されるようになる。

終わり

これ設定しておくと便利じゃんと思うものと、投稿者がこうしてくれるとこっちも助かると思うものを書いた。
特に投稿作品のタグ付け関連には、お互いのためにも…という気持ちがある。せっかく除外タグやアンテナタグのような、居心地の良い閲覧環境づくりができるの機能があるのに、肝心の投稿作品にタグが適切につけられないことで上手く機能しないような形になってしまっては非常にもったいないので。

余談。
ピクブラには「ピクログ」というミニブログ機能がある。例えば「個人サイトは持ってないけど、ツイッターでの萌え語りをどこかにまとめて置いておきたい」場合に使えるのではないかと思う。ピクログは1ユーザーで複数作成することができるので、ジャンルで分けたりもできる。また、設定次第で、自分のピクログを非会員にも公開することができるようになる。
こんな感じでいろんな使い方ができそうなSNSなので、1度お試しで使ってみるのもありかと。

関連リンク

pixiv入って半年経っての雑感

旧雑記から記事の移動です。

移動ついでに余談

最近のpixivはイラストだけでなく、お菓子や弁当、粘土など立体モノ、はては文字のみ作品が投稿されていて、なんだかなあと思いながら見てます。企画やイメージレスポンスなどユーザ主導でいろいろできる環境は素晴らしいと思うのですが、それを何か勘違いしているユーザ(むしろ、そもそも規約を読んでいないのではないかと思える)がいるように感じているしだいです。
また、そういった作品が増えることは、規約を守って利用しているユーザにとってはストレスになってしまうんじゃないだろうかとも懸念しています。

以下、本題の元記事です。

pixiv入って半年経っての雑感

書いた日:2008年04月09日 23時22分

pixivに入って半年経ったので雑感のようなものを。

過去にも何度か話題にしていますが、pixivはよくある質問の回答に「”pixivは絵(イラスト)に興味がある人が気軽にコミュニケーションしたり、自分で描いた絵(イラスト)をアップできるWebサービスです。”」とあるように、イラスト系SNSです。未登録の人でも投稿画像のサムネイルを見ることができます。原寸を見たり、投稿するためにはユーザ登録が必要ですが、mixiのような既登録者からの招待は必要ありません。

見やすい

まず、イラスト系に特化しているだけあって、投稿作品が見やすいところが好きです。作品へのアクセスは基本的にサムネイルからになります。このサムネイルが本当に嬉しい。大量の投稿があるだけにサムネイルを見れば、どんな絵かだいたい分かるというのはありがたいです。検索結果から自分の好みに合いそうなイラストを見つけるのも簡単になりますが、ブックマーク(※1)したイラストを見返すときなど非常に便利。

※1 ブラウザのブックマークではなく、pixivの機能としてある。公開と非公開とあり、公開ブックマークは他のユーザも見ることができる。趣味の似た人のブックマークは掘り出し物の山だったり。

いろんな絵

私は新規開拓ということをあまりしない人間で、サイト巡りもオリジナルサイトのリンクからウロウロといった感じです。一方、pixivではジャンル不問で様々な絵が投稿されます。好みストライクの絵をはじめ、思わず噴いてしまうのやら、ぶっちゃけ苦手なものまであります。そんな中、サイト巡りではきっと回らないであろうジャンルがあり、しかし、そこに属する中にも自分の好みに合う絵があったりするわけで。そういった絵と出会う機会が得られたことが嬉しいです。

また、投稿画像の上限が8MBと大きく、1000pxを超える画像も見かけます。手の込んだ作品を大サイズで見られるのは良いです。

苦手な絵に関しては、もちっとフィルタリング(※2)できてもいいかもしれないと感じています。私は苦手なものは目を滑らせるタイプなので別にあっても構わないのですが、投稿する側としても配慮したい作品ってのがあるのではと思います。例えば、BLあたりはそうなんじゃないかなあ、と。現段階でやるとしたら一番不特定多数の目につくであろう新着ページに作品がある間は非公開設定にしておいて、しばらくしてから公開設定に変える、とかでしょうか…。

※2 現在、R18作品は表示/非表示設定が可能。

※追記:現在では除外検索が可能です。

交流の幅

コメント欄やマイピク申請でガンガン交流するのもよし。黙々と絵を投稿するのもよし。ひたすらROMに徹するのもよし。また、現在pixivにはコミュニティはないのですが、ユーザ企画なるものがあって(※3)、タグで繋がる輪があります。同じ企画に参加している者同士で交流が生じたりします。

私はこのユーザ企画によるタグ繋がりレベルの交流に満足してたりします。マイピク機能などあまり活用していなくて申し訳なかったりもするのですが、同じ企画に参加している人の作品を見るのが楽しいです。この軽めの交流が良きかな。

※3 ユーザが主催する企画。主催が世界観・ルールなどを設定し、参加者はそれに沿った作品を投稿する。ほとんどの場合、作品に指定のタグを付けることによって成立する。

自分の作品

そんでもって自分の絵が見てもらえるのが嬉しいです。大量の投稿があるので、私のレベルだとあまり見てもらえないんですが、ブックマークされた日にゃあ、たまらなく嬉しいものです。

ちなみにランキング上位に入るような作品は閲覧数10000超えます。たまげるわ。私は100超えたら万歳。

総評

私が1番楽しんでるのは絵を見ることかも。変なタグを見るのも楽しいです(ニコニコ動画は見てないんで分からないんですが、似たようなタグのつき方らしいです)。

pixiv に入ってから個人サイトを巡る回数が減りました。質と量が揃っていて、しかも見やすいとなると、自分はもう敵わんなーというのが正直なところです。でも、閲覧数や点数といったものを気にする人にはあまり向いていない気もするでの、やっぱりそのへんは自分にあったものを選ぶのが吉かな、と思います。

pixivは開設から1年経っていないサイトで、今後も新機能の追加が予定されているようです。まだしばらくは楽しむつもりです。

追記:「いろんな絵」に『また、 ~ 非表示設定が可能。』を追記しました。(2008/04/10 19:49)

TINAMI 使ってみた雑感

TINAMI

登録して1ヶ月とまだ短いのですが、pixivとの違いもあって、なかなか面白かったので、軽く雑感をば。

※使い込めていない部分が多いので、機能等の記述に間違いがあるかもしれません。

いいかも!と思った点

  • ランキングが総合/オリジナル/二次創作と分けて見られる…ネット上のイラスト関連って二次創作のほうが盛んな(需要がある)印象を持ってるので、オリジナルが陽の目を見る機会が増えるのはいいなあ、と。あとは自分がオリジナル好きなので。
  • ランキングに「ルーキーランキング」がある…「ルーキー」の定義は《クリエイター登録から1ヶ月以内、もしくは「お気に入り」登録が20人以下
    掘り出し物探しに良さそう+単純に「これなら自分もランクインできるかも!」という期待感を持てて嬉しかったので(笑)。
  • 漫画用のページがある…漫画も描く自分には嬉しい仕様です(pixivでもその気になれば漫画だって投稿できるけど、ひと手間かける必要があるので)。

いまいち…と思った点

  • サムネイルがトリミング形式…投稿時に自分でトリミング位置を決めます。個人的には作品全体をそのまま縮小したサムネイルの方がいいです。目だけアップとかだとどんな作品なのか分からなくて、見る気が萎えるというか。と言いつつ、自分もどこをトリミングしていいのか分からず、大きくしてみたり、小さくしてみたり。
  • トップの情報量が多い…「見たい情報へ1クリックで!」を全部やるとこうなるのか?って感じです。ちょっと見づらいので、mixiやpixivのように自分にとって不要な情報を閉じておくなどできるとよりいいかも。

pixivとの違い

比べる必要があるのか分かりませんが、自分がTINAMIに登録するまで「どのへんが違うんだろ。大して違わないならpixivでいいんだけど」と気になってたので。

  • 点数制ではない…1作品に対してできる評価は「支援する!」を1回のみ。1度支援したら24時間経過しても「支援済み」の表示のままです。1回しか押せないWeb拍手みたいなものでしょうか。
  • 「お気に入り」しているユーザが誰なのか分からない…pixivでいう非公開モードしかありません。ただ、お気に入りユーザの人数は表示され、またお気に入られ数が多いユーザを知ることもできます(上位50ユーザ)。
  • 「ブックマーク」がない…ないのですが、前述した「支援する!」をクリックした作品の履歴一覧が残ります。ので、「支援する!」=「ブックマーク登録」と考えていいのかも(pixivのようにブループ分類できませんが)。他ユーザの「支援履歴」は見ることができます。
  • 年齢制限のある作品は(現在は)投稿できない…カテゴリとしては存在していますが、「準備中」になっており、投稿できません。

細かい点での違いは他にも多々ありますが、大きいところはこんなものでしょうか。TINAMIには他にも「話題にする!」や「ポイント」などの機能があるんですがよく分かってません。すみません。

ユーザ数はがぜんpixivが上を行くので、たくさんの人の目に触れる機会を求める人にはTINAMIはちょっと物足りないかもしれません。ただ、私はもともとpixivでもあまり見てもらえるほうではないので、作品によっては閲覧数はどっこいどっこいだったりします。

タグ登録が投稿者しか出来ないので、タグ遊び(タグ芸?)がありません。作品表示ページでの投稿者と閲覧者のやり取りはコメントのみで絵板的。点数もないので(支援数はありますが、1点だ10点だはないので)、なんというかのんびりした感じを受けました。このあたり、pixivの雰囲気が苦手な人には向いてるのかも?と思いました。

総括みたいなもの

「なんか思ってたより良くね?」ってのが最初の感想でした。あとは「サムネイルさえ見やすくなれば!」に尽きます(いろいろ見てまわる際にサムネイル一覧で的を絞れないのは結構きつい)。

いづれ漫画も投稿してみたいです。手持ちの漫画はやたら長かったり、単品では分かりづらかったりで投稿向きじゃないので、何かよさげなのを描けたら。

余談ですが、TINAMIが現状の作品投稿型にリニューアルされる以前からゼリー嬢のファンです。なんだろう、あの意味不明な空気がツボなんだろうか。

drawrメモ 2

drawrむずかしくて挫折したけど、数日経て、気分転換に戻ってみました。分かったことや変わったことを自分用に。

repost line

自分の絵にrepostするには、目的の絵のURL
http://drawr.net/show.php?id=xxxxxx

http://drawr.net/repost.php?id=xxxxxx
に書き換える。「show」→「repost」

repost作品の描画再生は、repostユーザが描いた部分だけ(どこまでがrepost元の絵で、どこからがrepostユーザの手によるかはここで分かる。元絵を見れば分かるけど、元絵が削除されてる場合もあるので)。

自作品へのrepostがあると赤文字通知がくる。自分で自作品にrepostした場合もくる。

#repost絵に対してrepost元の絵に対するいい呼び方はないんだろうか…。「reposted絵」で通じるだろうか。

公開範囲選択

  • 全体公開…全ユーザ(未登録ユーザも含む)に公開
  • フレンドのみ…お互いにお気に入り登録しているユーザのみに公開

投稿後の変更はできない。強引に変更するとしたら、自作品へのrepostで…。

プロフィール

「pixivの表示」をONにすると、pixiv内のアカウントページへのリンク(pixiv link)がプロフィール欄に表示される。

デザイン

  • repeat-x…背景画像を横方向へ繰り返し表示する
  • repeat-y…背景画像を縦方向へ繰り返し表示する
  • repeat-xy…背景画像を縦にも横にも繰り返し表示する
  • no-repeat…背景画像の繰り返し表示をしない
  • 背景画像を固定する ON…スクロールすると背景画像も動く
  • 背景画像を固定する OFF…スクロールしても背景画像は動かない

#背景画像の固定に関する表現がfixed/scrollと逆のような気がする。

drawrメモ

ちょこちょこ触って、だいぶ慣れたような気になったので。前回のような走り書きでなく、ちゃんと書いてみる。

drawr

http://drawr.net/

pixivの姉妹サイト。pixivのIDでログインすることができる。

イラスト系SNSで簡易お絵描きツール(Flash)を備えている。ローカルからのアップロードはできない。

描く

マイページの自画像の上にある「絵を描く」からお絵描きツールが起動する。

キャンバスサイズ

縦方向にのみ可変。ツール最上段の「NARROW」(小さくする)、「WIDE」(広くする)、「MAX」、「MINI」で調整する。「MINI」はデフォルトでは表示されておらず、「MAX」をクリックすると「MINI」が表示される。

UNDO

現在は1回だが、複数回できるように修正される予定。
→5回まで可能に修正(2008/10/2)

CLEAR

キャンバスの全消去。CLEARはUNDOできない。実行前に確認ダイアログが表示される。

CLEAR以前の描画過程は再生されない。

拡大

右クリックメニューから拡大ができる。ただし、コメント欄では拡大できないっぽい。

パレット

17色。パレット左にある「COLOR」の文字をクリックすると、不透明度が下がり、重ね塗り(混色)が可能になる。

「COLOR」ON状態で、筆を止めずに書くと一定の不透明度で塗ることができる(同じ位置を往復しても重ね塗りにならない)。

repost

他ユーザの作品に上書きできる。元作品はそのまま残る(新規作品として投稿される)。自分の作品にはrepostできない。

マイページの新着画像、または作品ページにある鉛筆のついたアイコンがrepost。

repost作品、repost元作品は「repost line」で互いにリンクされる。

その他

レイヤー、コピー、切り取り、塗りつぶし、移動、スポイトなどの機能はない。

消しゴムはパレット色を利用(透明色がない)。

見る

マイページ

-最新…お気に入りユーザの作品、自分の作品が表示される。
-コメント…自分の作品へのコメントが表示される。
-アーカイブ…自分の過去の作品が表示される。

トップページ

「new」(新着作品)が20件表示される。右下の「view more」から過去の投稿作品を20件ずつ遡って見ることができる。

「hot」(人気作品?)が20件表示される。過去の分は見られない。

描画過程の再生

作品をクリックすると描画過程が再生される。再生中に作品の上にマウスカーソルを置くと、コントロールバーが表示される。

再生スピードは3段階で、SPEEDバーの左端、中央、右端をクリックすることで変えられる。

ブックマーク

作品ページにある☆マークをクリックすると、ブックマーク登録される(マークは黄色に変わる)。もう一度クリックするとブックマーク解除になる。ブックマーク登録された数は作品右の「○bookmark」に反映される。
→「○bookmark」の表示がなくなりました(2008/10/8追記)

repost line

repost作品は「repost link」欄でリンクが表示される。repostされた作品、repost作品、repost作品にrepostした作品など、相互に繋がっていく。(2008/11/2修正)

RSS

new作品、マイページ、ユーザごとのRSSが配信されている。

new作品はトップページ→view moreからアクセスしたページの右上にRSSアイコン。マイページ、ユーザ個別はそれぞれページの左下にRSSアイコン。

コミュニティ機能

プロフィール

「pixivの表示」をONにすると、pixivにある自分のユーザページへのリンクが表示される。

コメント欄にURLを記入すると短縮表示になる。例えば、「http://www.pixiv.net/member.php?id=xxxxx」と記入すると「www.pixiv.net」と表示される。
→現在はhttp://から表示されます。(2008/11/2修正)

コメント

他ユーザ作品、自作品問わずコメントをつけることができる。コメントもまたお絵描きツールで描く。

お気に入り

pixivでの「お気に入り(ユーザ)」と同等。お気に入り登録したユーザの作品はマイページに表示される。(twitterでのフォローと同等の機能)

メッセージ

ユーザへメッセージを送ることができる。メッセージも絵で描き、公開/非公開の選択が可能(08/11/3追記)。


10/03 UIが変更されたので該当箇所を修正。
10/08 プロフィールなど変更された箇所を修正。
10/11 repostのリンクの仕様変更により修正。
11/03 プロフィール、repostなど修正。

drawrに関する初見メモ

drawrpixivを運営するクルーク株式会社が提供する新サービス

「drawr」と「draw」はどっちが正しいんだろ? ページタイトルは「draw」、ロゴは「drawr」になっている。→ページタイトルが修正されました。「drawr」のようですね。

  • pixiv IDでログイン
  • お絵描きツールで絵を描いて投稿する
  • 描画過程が再生できる
  • pixiv:お気に入りユーザ → drawr:フォロー
  • pixiv:ブックマーク → drawr:お気に入り
  • コメントがつけられる(コメントも描く)
  • 点数はない
  • 作品はviews(閲覧数)・plays(再生数)・like(お気に入り登録数)・repost・コメント数が表示される
  • ハートを押すとお気に入り登録される
  • トップには「new」(新着)と「hot」(人気?)の作品が表示されている
  • 新着画像のRSSが配信されている
  • ヘルプがない?

マイページ

  • 最新…フォローしているユーザを含めた新着画像
  • コメント…もらったコメント
  • アーカイブ…自作品ログ

お絵描きツール

基本的にはpixivのプロフィール画像を描くpixivお絵描きツールと同様。ただし、drawrにはカラーピッカーがない(ように見えた)。かわりにパレットの左にある「COLOR」の文字をクリックすると(ON状態)、不透明度が下がる。

描画過程の再生は3段階。バーの左端、真ん中、右端をクリックすると◎が移動して再生速度が変わる。

repost

他ユーザの作品の続きを描く機能。元作品の上に絵が描ける。

フォロー

twitterのフォローと同等の仕様、かな。フォローしたユーザの投稿作品はマイページに表示される。pixivで言えば「お気に入りユーザ」登録すると「お気に入りユーザ新着イラスト」が表示されるのと似てる。

感想

twitterにイラスト要素を盛り込んだ感じ?

pixivお絵描きツールもそうなんだけど、レイヤー(+1枚でもいい)あたりの機能が欲しいところ。高機能がいいとまでは言わないけど。

pixivに関するメモ3

もうちょっとネタがたまってから書くつもりだったけど、新機能のイメポンに?になってる人がいそうなので。

コメント欄

  • 最大140文字まで入力可能
  • 全角で書いても140文字
  • 半角で書いても140文字
  • つまり140バイトではない

ブックマーク:他ユーザ作品の@users(被ブクマ数)

  • 「イラストを見る」での作品一覧では非表示
  • 「ブックマーク管理」、「ブックマークを見る」の作品一覧では表示
  • 検索結果の作品一覧では表示

イメージレスポンス

  • 2008年9月5日に追加された新機能
  • 略して「イメポン」、「イメレス」
  • 他ユーザの作品に対して、例えば「描いてもいいのよ」→「描いてみた」のように反応作品を描いた場合などに使用する
  • 作品情報の「イメージレスポンス」欄にイメポン先のイラストID((作品URLの末尾の数字))を入力する
  • 自作品にはイメポンできない
  • イメポンはイメポン先のユーザが承認(許可)するまで反映されない((作品自体は表示される。))
  • イメポンされた側にはリクエストがあることを知らせる赤文字通知がくる
  • イメポン申請側には承認された通知はこない
  • 承認されるとイメポン作品・イメポン先作品のコメント欄の下に、それぞれイメポン先作品・イメポン作品のサムネイルと概略が表示される

イメポンの「承認されるまで反映されない」というのは、「承認されるまで投稿作品が表示されない」ではないです。「コメント欄下部のイメポン先・イメポンが表示されるのは相手の承認後」です。作品自体は今までどおり投稿してすぐ表示されます。

検索機能

2008年9月5日に機能強化された

  • A or B 検索:入力形式 A OR B
  • A and (B or C) 検索:入力形式 A (B OR C)
  • A and B 検索(従来機能):入力形式 A B
  • 除外検索(従来機能):入力形式(Bを除外) A -B

イラスト投稿時のタグ入力

  • 2008年9月5日に機能強化された
  • 「登録タグ一覧を表示」をクリックするとこれまで自作品につけた・つけられたタグが表示される
  • 登録タグをクリックすることでタグ入力欄に追加される


9月7日 イメポンについて修正・追記

pixivに関するメモ2のおまけ

pixivに関するメモ2が、字数制限に近いところまでいったので追記的にそのほか。

ランキング

ランキングのことを書くの素で忘れてました。pixivにはランキングがあり、毎日朝6時に更新されています(集計は0時~24時)。

  • デイリーランキング
  • ウィークリーランキング
  • マンスリーランキング
  • 全年齢作品は1位~200位まで公開

ランキングのアルゴリズムは公開されていませんが、点数、ブクマ数、コメント数などが影響していると考えられます。

決して「絵の上手さランキング」ではないので、「なぜこの絵がランクインしないのだ?」とか悩む必要はあまりないと思います。

ユーザのお気に入り登録

未登録の場合、これって何か意味あるの?と思うかもしれませんが、pixivにログインしたときに表示されるページ(「マイページ」とします)があり、そこでは「みんなの新着」、「マイピクの新着」、「お気に入りユーザの新着」が表示されます。そして、みんなの新着は凄い勢いで流れていくので、「この人の絵は好きだから見逃したくない」って場合はお気に入り登録しておくと良いねってわけです(マイピクはお気に入りほど気軽にできるものではないでしょうし)。

ジャンルの幅

母数が大きいだけあっていろんなジャンルの絵が見られます。可愛い子ちゃんいっぱいの萌え絵やら、カッコいいオジサマ・オネエサマやら、耽美系、脱力系、リアル志向、SFにメカ、和みに、シュールに…。挙げてたら終らん。

版権絵については「なんと、こんな作品の絵まで」というマイナーなものもあります。懐かしの作品を描いてる人も結構います。

余談ですが、先日は赤塚不二夫先生の作品を描いたものが多く投稿されたりしました。(タグ「赤塚不二夫先生追悼リンク」などで検索)

pixiv始まりたての頃は割りと、女の子絵だらけな印象だったんですが、最近はそうでもないですね。

pixivと自サイト

pixivは8MBまで投稿できるので、自サイトには今までどおり、pixivでは高画質・大サイズで投稿するユーザもいるようです(私もその1人だけど)。

あと「本人ですよ」という証明にサイトでは「pixiv登録しました」宣言をしてもいいかもしれません。たまに有名サイトの管理人が登録・投稿すると、「本人? 無断転載?」と悩む人もいるようなので(別に有名じゃないならそんな問題は起きないってワケではないですよ)。実際に無断転載の場合もありますし。

ただ、登録しないと見られないSNSだから、自サイトは完全に切り離して、「登録しました」など記載したくないって人もいるかと思います。あとは自サイト関連の人には見つかりたくない…とか。もちろん、そのへんは自由でいいと思います。

そのほか

日記などを書くスペースはないです(掲示板を無理やりに日記として使用することはできますが…)。

mixiのようなコミュニティもないです。セルシスとやっている[pixiv x COMIC STUDIO]ってのならあります。

あとは著作権問題を交通整理する「ニコニ・コモンズ」、pixivとの連携も:MarkeZine(マーケジン)といった動きもあるようです。(関連:ニコニ・コモンズ対応サイトへの参加のお知らせ – pixiv 開発者ブログ – pixiv Developers Blog