タグ別アーカイブ: pixiv

pixiv入って半年経っての雑感

旧雑記から記事の移動です。

移動ついでに余談

最近のpixivはイラストだけでなく、お菓子や弁当、粘土など立体モノ、はては文字のみ作品が投稿されていて、なんだかなあと思いながら見てます。企画やイメージレスポンスなどユーザ主導でいろいろできる環境は素晴らしいと思うのですが、それを何か勘違いしているユーザ(むしろ、そもそも規約を読んでいないのではないかと思える)がいるように感じているしだいです。
また、そういった作品が増えることは、規約を守って利用しているユーザにとってはストレスになってしまうんじゃないだろうかとも懸念しています。

以下、本題の元記事です。

pixiv入って半年経っての雑感

書いた日:2008年04月09日 23時22分

pixivに入って半年経ったので雑感のようなものを。

過去にも何度か話題にしていますが、pixivはよくある質問の回答に「”pixivは絵(イラスト)に興味がある人が気軽にコミュニケーションしたり、自分で描いた絵(イラスト)をアップできるWebサービスです。”」とあるように、イラスト系SNSです。未登録の人でも投稿画像のサムネイルを見ることができます。原寸を見たり、投稿するためにはユーザ登録が必要ですが、mixiのような既登録者からの招待は必要ありません。

見やすい

まず、イラスト系に特化しているだけあって、投稿作品が見やすいところが好きです。作品へのアクセスは基本的にサムネイルからになります。このサムネイルが本当に嬉しい。大量の投稿があるだけにサムネイルを見れば、どんな絵かだいたい分かるというのはありがたいです。検索結果から自分の好みに合いそうなイラストを見つけるのも簡単になりますが、ブックマーク(※1)したイラストを見返すときなど非常に便利。

※1 ブラウザのブックマークではなく、pixivの機能としてある。公開と非公開とあり、公開ブックマークは他のユーザも見ることができる。趣味の似た人のブックマークは掘り出し物の山だったり。

いろんな絵

私は新規開拓ということをあまりしない人間で、サイト巡りもオリジナルサイトのリンクからウロウロといった感じです。一方、pixivではジャンル不問で様々な絵が投稿されます。好みストライクの絵をはじめ、思わず噴いてしまうのやら、ぶっちゃけ苦手なものまであります。そんな中、サイト巡りではきっと回らないであろうジャンルがあり、しかし、そこに属する中にも自分の好みに合う絵があったりするわけで。そういった絵と出会う機会が得られたことが嬉しいです。

また、投稿画像の上限が8MBと大きく、1000pxを超える画像も見かけます。手の込んだ作品を大サイズで見られるのは良いです。

苦手な絵に関しては、もちっとフィルタリング(※2)できてもいいかもしれないと感じています。私は苦手なものは目を滑らせるタイプなので別にあっても構わないのですが、投稿する側としても配慮したい作品ってのがあるのではと思います。例えば、BLあたりはそうなんじゃないかなあ、と。現段階でやるとしたら一番不特定多数の目につくであろう新着ページに作品がある間は非公開設定にしておいて、しばらくしてから公開設定に変える、とかでしょうか…。

※2 現在、R18作品は表示/非表示設定が可能。

※追記:現在では除外検索が可能です。

交流の幅

コメント欄やマイピク申請でガンガン交流するのもよし。黙々と絵を投稿するのもよし。ひたすらROMに徹するのもよし。また、現在pixivにはコミュニティはないのですが、ユーザ企画なるものがあって(※3)、タグで繋がる輪があります。同じ企画に参加している者同士で交流が生じたりします。

私はこのユーザ企画によるタグ繋がりレベルの交流に満足してたりします。マイピク機能などあまり活用していなくて申し訳なかったりもするのですが、同じ企画に参加している人の作品を見るのが楽しいです。この軽めの交流が良きかな。

※3 ユーザが主催する企画。主催が世界観・ルールなどを設定し、参加者はそれに沿った作品を投稿する。ほとんどの場合、作品に指定のタグを付けることによって成立する。

自分の作品

そんでもって自分の絵が見てもらえるのが嬉しいです。大量の投稿があるので、私のレベルだとあまり見てもらえないんですが、ブックマークされた日にゃあ、たまらなく嬉しいものです。

ちなみにランキング上位に入るような作品は閲覧数10000超えます。たまげるわ。私は100超えたら万歳。

総評

私が1番楽しんでるのは絵を見ることかも。変なタグを見るのも楽しいです(ニコニコ動画は見てないんで分からないんですが、似たようなタグのつき方らしいです)。

pixiv に入ってから個人サイトを巡る回数が減りました。質と量が揃っていて、しかも見やすいとなると、自分はもう敵わんなーというのが正直なところです。でも、閲覧数や点数といったものを気にする人にはあまり向いていない気もするでの、やっぱりそのへんは自分にあったものを選ぶのが吉かな、と思います。

pixivは開設から1年経っていないサイトで、今後も新機能の追加が予定されているようです。まだしばらくは楽しむつもりです。

追記:「いろんな絵」に『また、 ~ 非表示設定が可能。』を追記しました。(2008/04/10 19:49)

pixivに関するメモ3

もうちょっとネタがたまってから書くつもりだったけど、新機能のイメポンに?になってる人がいそうなので。

コメント欄

  • 最大140文字まで入力可能
  • 全角で書いても140文字
  • 半角で書いても140文字
  • つまり140バイトではない

ブックマーク:他ユーザ作品の@users(被ブクマ数)

  • 「イラストを見る」での作品一覧では非表示
  • 「ブックマーク管理」、「ブックマークを見る」の作品一覧では表示
  • 検索結果の作品一覧では表示

イメージレスポンス

  • 2008年9月5日に追加された新機能
  • 略して「イメポン」、「イメレス」
  • 他ユーザの作品に対して、例えば「描いてもいいのよ」→「描いてみた」のように反応作品を描いた場合などに使用する
  • 作品情報の「イメージレスポンス」欄にイメポン先のイラストID((作品URLの末尾の数字))を入力する
  • 自作品にはイメポンできない
  • イメポンはイメポン先のユーザが承認(許可)するまで反映されない((作品自体は表示される。))
  • イメポンされた側にはリクエストがあることを知らせる赤文字通知がくる
  • イメポン申請側には承認された通知はこない
  • 承認されるとイメポン作品・イメポン先作品のコメント欄の下に、それぞれイメポン先作品・イメポン作品のサムネイルと概略が表示される

イメポンの「承認されるまで反映されない」というのは、「承認されるまで投稿作品が表示されない」ではないです。「コメント欄下部のイメポン先・イメポンが表示されるのは相手の承認後」です。作品自体は今までどおり投稿してすぐ表示されます。

検索機能

2008年9月5日に機能強化された

  • A or B 検索:入力形式 A OR B
  • A and (B or C) 検索:入力形式 A (B OR C)
  • A and B 検索(従来機能):入力形式 A B
  • 除外検索(従来機能):入力形式(Bを除外) A -B

イラスト投稿時のタグ入力

  • 2008年9月5日に機能強化された
  • 「登録タグ一覧を表示」をクリックするとこれまで自作品につけた・つけられたタグが表示される
  • 登録タグをクリックすることでタグ入力欄に追加される


9月7日 イメポンについて修正・追記

pixivに関するメモ2のおまけ

pixivに関するメモ2が、字数制限に近いところまでいったので追記的にそのほか。

ランキング

ランキングのことを書くの素で忘れてました。pixivにはランキングがあり、毎日朝6時に更新されています(集計は0時~24時)。

  • デイリーランキング
  • ウィークリーランキング
  • マンスリーランキング
  • 全年齢作品は1位~200位まで公開

ランキングのアルゴリズムは公開されていませんが、点数、ブクマ数、コメント数などが影響していると考えられます。

決して「絵の上手さランキング」ではないので、「なぜこの絵がランクインしないのだ?」とか悩む必要はあまりないと思います。

ユーザのお気に入り登録

未登録の場合、これって何か意味あるの?と思うかもしれませんが、pixivにログインしたときに表示されるページ(「マイページ」とします)があり、そこでは「みんなの新着」、「マイピクの新着」、「お気に入りユーザの新着」が表示されます。そして、みんなの新着は凄い勢いで流れていくので、「この人の絵は好きだから見逃したくない」って場合はお気に入り登録しておくと良いねってわけです(マイピクはお気に入りほど気軽にできるものではないでしょうし)。

ジャンルの幅

母数が大きいだけあっていろんなジャンルの絵が見られます。可愛い子ちゃんいっぱいの萌え絵やら、カッコいいオジサマ・オネエサマやら、耽美系、脱力系、リアル志向、SFにメカ、和みに、シュールに…。挙げてたら終らん。

版権絵については「なんと、こんな作品の絵まで」というマイナーなものもあります。懐かしの作品を描いてる人も結構います。

余談ですが、先日は赤塚不二夫先生の作品を描いたものが多く投稿されたりしました。(タグ「赤塚不二夫先生追悼リンク」などで検索)

pixiv始まりたての頃は割りと、女の子絵だらけな印象だったんですが、最近はそうでもないですね。

pixivと自サイト

pixivは8MBまで投稿できるので、自サイトには今までどおり、pixivでは高画質・大サイズで投稿するユーザもいるようです(私もその1人だけど)。

あと「本人ですよ」という証明にサイトでは「pixiv登録しました」宣言をしてもいいかもしれません。たまに有名サイトの管理人が登録・投稿すると、「本人? 無断転載?」と悩む人もいるようなので(別に有名じゃないならそんな問題は起きないってワケではないですよ)。実際に無断転載の場合もありますし。

ただ、登録しないと見られないSNSだから、自サイトは完全に切り離して、「登録しました」など記載したくないって人もいるかと思います。あとは自サイト関連の人には見つかりたくない…とか。もちろん、そのへんは自由でいいと思います。

そのほか

日記などを書くスペースはないです(掲示板を無理やりに日記として使用することはできますが…)。

mixiのようなコミュニティもないです。セルシスとやっている[pixiv x COMIC STUDIO]ってのならあります。

あとは著作権問題を交通整理する「ニコニ・コモンズ」、pixivとの連携も:MarkeZine(マーケジン)といった動きもあるようです。(関連:ニコニ・コモンズ対応サイトへの参加のお知らせ – pixiv 開発者ブログ – pixiv Developers Blog

pixivに関するメモ2

pixivに関して、今回は未登録だけどちょっと気になってる人向けな感じで書いてみました。

まあ、世の中には「百聞は一見にしかず」って言葉もありますので、この記事だけで判断してもしょうがないのは言うまでもないことです。そもそも外面部分だけで、どう感じるか、作品に対する反応の大きさなどはあまり書いてないので。

基本的なこと

  • pixiv
  • イラスト系SNSである
  • 招待制ではない(自分のメールアドレスがあれば登録できる)
  • 閲覧のみでもOK
  • モバイル版もある(作品投稿はできない)

2008年8月27日時点で会員は約28万人だそうです。累計投稿数は2008年8月14日時点で1,375,027枚。

自分の作品を投稿して

  • 見てもらう
  • コメントしてもらう
  • 点数つけてもらう(未評価~10点満点)
  • ブックマークしてもらう
  • スルーされたりもする

見る側としては↑を能動態で。

未登録状態でも見られるもの

  • サムネイル画像(長辺150px)
  • ランダムイラスト
  • デイリーランキング
  • 注目のタグ

サムネイルはトリミングではなく全体縮小なので、どんな絵があるのか事前に見てみると良いかも。実サイズとでは印象も大きく変わることも少なくないので参考程度に(1000px超の作品も結構ある)。

投稿関係

  • 静止画のみ
  • 自作品のみ(オリジナル・版権という意味ではなく、他人が描いた作品の転載はNGという意味)
  • 写真はNG(アナログ作品を撮影した写真は○)
  • 作品の大きさ(横×縦)の制限はない
  • 作品の容量は8MB以下
  • 投稿可能な画像形式はJPG、GIF、PNG

余談ですが、大きな作品を投稿できることについて、twitterで「いい絵をできるだけ劣化させずに、しかも大サイズで」ってことかしらと呟いていたら、Twitter / pixivから「そのとおりですよ。」とお返事もらいました。

閲覧関係

  • 作品はサムネイル表示(全体縮小)
  • 全年齢、R-18、R-18G(グロ)の閲覧制限がある
  • デフォルトでは年齢に関わらず、R-18・R-18Gは非表示設定になっている
  • 作品にはタグ(キーワードのようなもの)がついている
  • 気に入った絵をブックマークできる((ブラウザのブックマークとは異なります。pixivの自分のスペースにブックマークページがあり、登録した作品はそこに表示されます))(他ユーザの公開ブックマークを見ることもできる)
  • 気に入ったユーザをお気に入り登録できる(他ユーザの公開お気に入りを見ることもできる)
  • 作品は「タグ検索」または「タイトル・キャプション検索」ができる

作品には「ブックマーク」、ユーザには「お気に入り」って単語があてられてるわけですな。

コミュニケーション関係

  • 1ユーザに1つずつ掲示板があるけど、あまり活用されてないかも
  • 掲示板・コメント欄は無記名では書き込めない(必ずユーザ名が表示される)
  • オリキャラで、タグ「描いてもいいのよ」→「描いてみた」のような交流が生じたりする
  • 同様に線画で、タグ「塗ってもいいのよ」→「塗ってみた」のようなry
  • ユーザ主催の企画がある
  • マイピク機能があるが(mixiのマイミクみたいな)、マイピク0人でも退会にはならない
  • 足跡機能はない(今後もつける予定はないと明言されている)

マイピクを作らないつもりなら、プロフィールに「マイピクは募集してません」と書いておいていいと思います。また、「マイピクは作品を投稿している人のみにさせてください」(ROMはお断り)ってのもありだと思います。

そのほか

いわゆる「荒らし」がいないわけではないです。無差別に1点つけて回ったりしてるユーザがいたり。悪質なものについては運営に通報して対処してもらうこともできるようです。

自分の苦手な絵も含めて、様々なジャンルの作品がドカドカ流れてきます。苦手な絵はあまり気にせず、目を滑らせておけばよいかと思います。
検索の場合は、検索結果から除外したい単語に「-」をつけて除外できます。

ジャンルについては、タグから判断できる数だけで言えば、オリジナルが圧倒的です。次いで、東方、初音ミクなどが続きます。

関連リンク

入りたくなるかもしれない関連リンク

pixivに関するメモ

※2008年の記事です。

pixivについて。

ヘルプなど

  • たいがいのことは[pixiv] ヘルプに載ってる
  • それでも、よく聞く質問といえば「illust/○○○ってリンクはどう貼ってるの?」。これは作品URLをそのまま貼り付ければOK。
  • ヘルプで真っ先に記載されているように、投稿は「自分の作品のみ」であり、他者の作品を投稿(転載)するサイトではない(画像共有サイトではない)
  • ヘルプへのリンクはページ下部にある
  • 過去のお知らせもページ下部にある
  • [pixiv] pixivについてはヘルプページの最初の質問からリンクされている(未登録の場合はトップページのメニュー欄にある)
  • 公式ヘルプの補足→pixivgarage @ ウィキ – よくある質問(FAQ)

ブックマーク

  • グループ分けができる
  • ひとつの作品を複数のグループに登録できる
  • 「メイングループ」は、「ブックマークを見る」からアクセスした際に最初に表示されるグループ。デフォルトは「未分類」
  • 「すべてを表示」はメイングループにできない
  • 未分類の作品がなく、メイングループが「未分類」の場合、ぱっと見ブクマを使ってないように見えたりする
  • そこで「ブックマーク管理用」のような作品がある。これをブクマして未分類に登録すればOK
  • もしくは、別に気にしないで、対策しない
  • 「未分類」以外のグループをメインに指定しておけば済む話でもある
  • 「すべて表示」をメインにしたい場合、「すべて」といったグループを作り、メイングループに指定。ブクマする作品すべてをこのグループに登録する、とか。

被ブックマーク

  • 作品の下に表示される@usersは、その作品をブクマしているユーザの数
  • 非公開でブクマしてる人の数も含まれる
  • @usersにアクセスするとブクマしているユーザ一覧が表示される。非公開ブクマのユーザは表示されるない
  • ブクマしてるユーザがいない場合は@usersの文字が出ない

検索

  • 「-」を使用した除外検索ができる

キャプション

  • 投稿者コメントのこと
  • 改行は無視される
  • スペースを大量に入力すると、IEでは改行表示される(FxやOperaではそのまま表示されるので、酷いことになる)

タグ

  • 投稿者がつけたタグには「*」が表示される
  • ただし、2008/06/23以前のタグはいずれも「*」が表示されない
  • タグの削除ができるのは、投稿者、投稿者のマイピク、そのタグをつけた本人
  • ただし、2008/06/25以前のタグは投稿者しか削除できない
  • 苦手な要素を除外検索するユーザもいるので、特殊な要素を含む場合はきっちり入れておくと親切(ex.BL、百合)
  • pixiv動画…ニコニコ動画等に製作過程が置いてある作品
  • pixivもふもふ倶楽部…もふもふしたくなる動物作品
  • 講座 メイキング 描き方…講座など

あとはpixivを100倍楽しむwiki – タグ/特殊なタグなどを参照するといいかも。

番外

独断と偏見でいらないと思うタグ:新着で見つけた喜び、サムネで余裕、実は○○は私なんだ、その他諸々の検索の役に立たないタグ

ユーザ企画

  • ユーザ主催の企画
  • 主催者は「企画主」と呼ばれる
  • タグに企画主が指定した単語を入力することで参加できる
  • 「描いてもいいのよ」タグをつけなくても、企画タグ自体が「描いてもいいのよ」の意味を内包する企画もある
  • 有名なのは「pixivファンタジア」、「ぴくがく」あたりだろうか
  • 企画主…企画主が投稿した企画関連の作品につくタグ
  • 企画目録…企画主が企画概要をまとめた作品につくタグ

ユーザ企画についてまとめられている→pixivを100倍楽しむwiki – 企画一覧

pixiv関連wiki

tiwtter

  • Twitter / pixiv 開発者ブログの更新情報や今後の予定がポストされたりしてる

履歴

  • 2008/08/17 はてブの反応から、修正・追記
  • 2008/08/18 いろいろ修正・追記。字数オーバーしたので履歴短縮