【感想】漫画「ヘタッピマンガ研究所R」

ヘタッピマンガ研究所R (ジャンプコミックス)

読んでみました。面白かったです。
# Amazonでは在庫切れになってるようですが、近所の本屋にはふつうにありました。

パースなどの作画面は、よくある講座本みたいになるのは仕方ないというか、そういうものだと思います。ただ、「こうやってました」「こう描いてます」という作者さん(描き手の村田先生だけでなくゲストの方も)の話がけっこう出てくるので、そういうところが楽しめました。
個人的には松井先生の「構図にこだわるのなんて キャラに心血を注ぎきってからでイイのですよ…………!」が印象的でした。(※松井先生の作品は構図にもこだわっていると村田先生の補足がついております)

あと、村田先生の「若い子がべらぼうに上手い、10代でそんな(上手い)絵描いちゃダメー!」(意訳)という話には共感せずにはいられなかったw
いやほんと、絵が上手いだけじゃなくて話が上手い人も多いですよね…ネットによって、表現する場がどーんと増えたからでしょうか。見る側としても数が増えたので良作とめぐり合う機会も増えたというか。

話作りは冨樫先生のところなど面白かったです。こういう話は参考にするというよりも、この作者さんはこんなこだわりを持って作品を作ってるんだなあという興味を満足させてくれる部分が大きいですね。

本の締めとして村田先生が 人それぞれ・自分なり を強調するのも頷けます。
経験談や練習談はあくまでその人にはそれが向いていたという話なので、自分にもあてはまるわけではないですし、ね。

漫画を描くうえでの参考になるだけではなく、読み物として楽しめる本だと思いました。