小説「魔術士オーフェンはぐれ旅」 新作

魔術士オーフェンはぐれ旅 キエサルヒマの終端 魔術士オーフェンはぐれ旅 約束の地で 魔術士オーフェンはぐれ旅 原大陸開戦【特製小冊子付き初回限定版】

  • キエサルヒマの終端 2011/9/24発売予定
  • 約束の地で 2011/10/25発売予定
  • 原大陸開戦 2011/11/25発売予定

楽しみ過ぎて言葉にできない…。

はぐれ旅編完結(2003年)→作者サイトで後日談の連載(2008年)→後日談を収録した本の刊行(2009年)→新作(2011年)、ここまでこんな感じ。
後日談の連載中、毎日毎日が楽しみで楽しみでならなかった、あんなふうに日々を興奮しながら過ごすことはなかなかないでしょうね――って、秋田BOXが発売決定した時にも思ったわけですが、今年になって新作の情報が入ってきた時はまた跳び上がるかと。同時に、新作にオーフェンが登場するのか(次世代編となれば登場しない可能性もあるか?と思って)、そわそわしていたのですが、「原大陸開戦」表紙の手前にいるのが、もしかしなくても中年オーフェンですかね。
秋田BOXを読んでもなかなかその年のオーフェンが想像できなかったので――若いオーフェンのあのキャラデザの印象が強くて――、こんな顔だったのかあと意外な気分です。「約束の地で」の表紙の哀愁漂う顔がいいですね。

過去に刊行された「魔術士オーフェン はぐれ旅」も新装版となって発売されるようです。旧装版は全20巻でしたが、新装版は全10巻になるとか。1冊に2巻分収録されるわけで、これは分厚い…。

<2011/09/05 追記>
秋田BOXでは挿絵がありませんでしたが、今回は挿絵が入るそうで嬉しいです。

関連リンク