【感想】漫画「魔法騎士レイアース」

魔法騎士レイアース 新装版全3巻 完結セット 魔法騎士レイアース2 新装版全3巻 完結セット

読み返そうと思ったきっかけは忘れたのですが、とにかくもう一度読みたいと思って購入。

※大どんでん返しもある作品ですので、以下の感想は既読の方のみにおすすめいたします。

絵の美しさは言わずもがな。カラーの鮮やかさ、モノクロの力強さ、その華麗な絵柄が好きです。絵を眺めてるだけで楽しくて、何度もページをいったりきたりしています。

連載当時、掲載誌を読んでいたわけですが、第一部のラストは衝撃的でした。二部構成になるとも知らずに読んでいたのでそりゃあもう本当に…。これで完結なの!?みたいな。すぐに第二部が始まって安堵した次第です。
第一部の分かりやすく熱い展開も好きですが、第二部のシリアスな展開も好きです。最後がハッピーエンドで良かったです。

設定の大きさに対して、全6巻と短くまとまっていて、改めて読むとどんどん話が進んでいくなあと感心してしまいます。
もっといろいろ寄り道したり、エピソードを増やせる設定だと思います。特に第二部は他国も出てきて登場人物がぐっと増えたり、一部で登場したキャラの出番が少なめだったりするので、もう少し尺があっても良かったかも?と思ったりします。
ただ、人気作品がぐだぐだと引き延ばされてしまうのは好きではないので、これはこれでいいんだとも思っています。

疑問とか。『柱』が世界を支えるという独特のシステムを持つセフィーロは王制を持たないわけですが、しかし、ではなぜフェリオは「王子」扱いなのか…。『柱』であるエメロードに敬称として「姫」をつけるのはさておき、「柱の弟」が「王子」なのはちょっとした違和感を覚えます。『柱』の親族は王族扱いなのかしら。
(もともと「姫」だったエメロードが『柱』になったのか?とも考えましたが、王制がないからやっぱりそれは違うな、と)

気になるといえば、召喚システムは魔法騎士が勝つこと前提のものだと思うんですが、それでも魔法騎士が負けちゃった場合、やっぱりセフィーロは滅びちゃうんですかね……。
あとは『柱』の存命中に『柱』よりも意志が強い者が現れたらどうなるんだろう…とか。自分でいろいろと考えてみる余地もあって楽しいです。

好きなキャラはクレフです。以下、長いぞ。
10歳前後の外見ではありますが、745歳で、導師という立場や性格から、ずいぶんキリッとしているので、見たまま子供という印象は持てません。とにかく美人で眼福です。
真っ白い法衣を纏って神聖な雰囲気があったり、でも持ってる精獣が何も考えてなさそうな飛び魚だったり、カッコいいんだか可愛いんだかよく分からんです。好きです。
第一部では崖から跳び下りて登場したり、杖で海を殴ったり、なかなかアグレッシブな人でしたが、第二部のクレフがそんなことをやってる姿は簡単には想像できません。平和になってシリアス脱出したら、またジタバタ暴れたりするんだろうか…。いや、あれは事情を知らない海達が真面目に話を聞かないから怒ってたわけで。クレフが最高位の導師だと知ってるセフィーロの人たちが相手だと、怒るようなこともあまり起こらないのかも。
最高位の導師ということで、すごい実力者で、きっとチートキャラなんだろうな…と思わせる雰囲気も好きです。でもそんなキャラはたいてい前線には立ってくれない…知ってます(アニメ版では身を削ってセフィーロを守っていたようで、それもまたいいですね。城全体を守るくらいなら、いっそ敵艦を撃ち落とした方が効率いいのでは…とか思ってすみません)。
第二部はクレフの出番も多めで嬉しかったです。セフィーロを守りたいという願いと、悲劇を繰り返したくないという憂いを抱え込んで、心を痛める様が儚げでたまらんです。
プレセアみたいなしっかりしてそうな女性や、海みたいな強気な女の子に慕われてるところもなんだか好きです。強いからこそ無理してしまうタイプであろうクレフの危うさを支えられるのは、そういう人なのかな、と。恋愛要素抜きに考えてもいいなあと思います。好きなエピソードは第二部のクレフと海の会話。

ところで、なぜクレフは小さいままなのか。強い意志があれば急成長できることはアスコットが示してくれますが、そうでなければ普通に成長していくのだろうと考えているのですが…。成長したくなかったのか、成長してはいけないのか、成長できなくなるようなことでもあったのか。
彼は前の代替わりも経験しているので(エメロード姫を生誕から見守ってきたという話があるので)、そのあたりにきっかけがあったりなかったりするのかなあと思いを馳せたりします。
そういうミステリアスな部分もいいですね。

さて、妄想も混じってきたのでこの辺にして。

『心』の力がテーマというのもあって、登場人物たちの凛とした眼差しが印象的な作品でした。
久しぶりに読み返して、とても楽しめました。面白かったです。

関連リンク