TINAMI 使ってみた雑感

TINAMI

登録して1ヶ月とまだ短いのですが、pixivとの違いもあって、なかなか面白かったので、軽く雑感をば。

※使い込めていない部分が多いので、機能等の記述に間違いがあるかもしれません。

いいかも!と思った点

  • ランキングが総合/オリジナル/二次創作と分けて見られる…ネット上のイラスト関連って二次創作のほうが盛んな(需要がある)印象を持ってるので、オリジナルが陽の目を見る機会が増えるのはいいなあ、と。あとは自分がオリジナル好きなので。
  • ランキングに「ルーキーランキング」がある…「ルーキー」の定義は《クリエイター登録から1ヶ月以内、もしくは「お気に入り」登録が20人以下
    掘り出し物探しに良さそう+単純に「これなら自分もランクインできるかも!」という期待感を持てて嬉しかったので(笑)。
  • 漫画用のページがある…漫画も描く自分には嬉しい仕様です(pixivでもその気になれば漫画だって投稿できるけど、ひと手間かける必要があるので)。

いまいち…と思った点

  • サムネイルがトリミング形式…投稿時に自分でトリミング位置を決めます。個人的には作品全体をそのまま縮小したサムネイルの方がいいです。目だけアップとかだとどんな作品なのか分からなくて、見る気が萎えるというか。と言いつつ、自分もどこをトリミングしていいのか分からず、大きくしてみたり、小さくしてみたり。
  • トップの情報量が多い…「見たい情報へ1クリックで!」を全部やるとこうなるのか?って感じです。ちょっと見づらいので、mixiやpixivのように自分にとって不要な情報を閉じておくなどできるとよりいいかも。

pixivとの違い

比べる必要があるのか分かりませんが、自分がTINAMIに登録するまで「どのへんが違うんだろ。大して違わないならpixivでいいんだけど」と気になってたので。

  • 点数制ではない…1作品に対してできる評価は「支援する!」を1回のみ。1度支援したら24時間経過しても「支援済み」の表示のままです。1回しか押せないWeb拍手みたいなものでしょうか。
  • 「お気に入り」しているユーザが誰なのか分からない…pixivでいう非公開モードしかありません。ただ、お気に入りユーザの人数は表示され、またお気に入られ数が多いユーザを知ることもできます(上位50ユーザ)。
  • 「ブックマーク」がない…ないのですが、前述した「支援する!」をクリックした作品の履歴一覧が残ります。ので、「支援する!」=「ブックマーク登録」と考えていいのかも(pixivのようにブループ分類できませんが)。他ユーザの「支援履歴」は見ることができます。
  • 年齢制限のある作品は(現在は)投稿できない…カテゴリとしては存在していますが、「準備中」になっており、投稿できません。

細かい点での違いは他にも多々ありますが、大きいところはこんなものでしょうか。TINAMIには他にも「話題にする!」や「ポイント」などの機能があるんですがよく分かってません。すみません。

ユーザ数はがぜんpixivが上を行くので、たくさんの人の目に触れる機会を求める人にはTINAMIはちょっと物足りないかもしれません。ただ、私はもともとpixivでもあまり見てもらえるほうではないので、作品によっては閲覧数はどっこいどっこいだったりします。

タグ登録が投稿者しか出来ないので、タグ遊び(タグ芸?)がありません。作品表示ページでの投稿者と閲覧者のやり取りはコメントのみで絵板的。点数もないので(支援数はありますが、1点だ10点だはないので)、なんというかのんびりした感じを受けました。このあたり、pixivの雰囲気が苦手な人には向いてるのかも?と思いました。

総括みたいなもの

「なんか思ってたより良くね?」ってのが最初の感想でした。あとは「サムネイルさえ見やすくなれば!」に尽きます(いろいろ見てまわる際にサムネイル一覧で的を絞れないのは結構きつい)。

いづれ漫画も投稿してみたいです。手持ちの漫画はやたら長かったり、単品では分かりづらかったりで投稿向きじゃないので、何かよさげなのを描けたら。

余談ですが、TINAMIが現状の作品投稿型にリニューアルされる以前からゼリー嬢のファンです。なんだろう、あの意味不明な空気がツボなんだろうか。